ベッキータイキックに批判記事を書いた志葉玲が炎上!過去にはモラハラ疑惑も

問題の記事がこちら

ベッキーにキック痛打 ダウンタウン年末特番―国連、憲法の視点からも最悪 
https://news.yahoo.co.jp/byline/shivarei/20180106-00080168/

国連主導の世界的な潮流に逆行
この「ベッキーにタイキック」には、様々な問題があるが、そもそも暴力を笑いにして良いのか、という問題がある。バラエティー番組にありがちな演出で、ベッキー本人も合意済みで腰にパットを入れるなどして、痛みを軽減していた、ということも、もしかしたらあるのかもしれない。ただ、それでも、暴力、それも女性への暴力を男性達がゲラゲラ笑うという本企画の構図自体が、醜悪であるし、不謹慎極まりない。

記事を書いた「志葉玲」は以前に妻へのモラハラが噂されていた人物

志葉玲、妻の増山麗奈にモラハラ?「家事できない、嫌ならでてけよ」

これが事実なら大きな問題になるかもしれない。
7月の参院選で社民党公認で立候補し落選した増山麗奈は、自身のフェイスブックにこう綴っている。

仕事だと言われてさらっと胸をさわられて
嫌だなと声をあげようと思ったら
夫には
お前がじじいを調子にのせているといわれ
家事ができないし
嫌なら でてけよと 言われる
女って辛いわ

引用元:http://ksl-live.com/blog7076

記事を書いた「志葉玲」に批判殺到

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする